一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホームガイドライン・提言ガイドライン > 「呼吸器感染症治療ガイドライン」発刊について

ガイドライン・提言

ガイドライン一覧に戻る

「呼吸器感染症治療ガイドライン」発刊について

一般社団法人日本感染症学会と公益社団法人日本化学療法学会では、「感染症治療ガイドライン―呼吸器感染症―」を作成し、既に両学会の和文誌に発表致しました。今回はそれにさらに改定を加えた形で「呼吸器感染症治療ガイドライン」を発刊することと致しました。
本ガイドラインは、わが国の呼吸器感染症診療を反映しつつ、呼吸器感染症全般を広く網羅し、成人と小児を一括し、できるだけEBMに基づき作成しております。本邦にはこのようなガイドラインはなく、現時点で最も進歩した治療ガイドラインであると確信しております。
本ガイドラインは全ての実地臨床医を対象とし、呼吸器感染症治療に対する理解と適切な感染症診療と抗菌薬適正使用の普及を願ってのものであり、わが国の呼吸器感染症の診療や研究、あるいは教育に広く活用され、ひいては呼吸器感染症診療の質の向上と耐性菌の増加を防止し、医療費の軽減や医療資源の有効利用に役立ち、国民の健康に貢献できるものと期待しております。
本ガイドラインが一人でも多くの臨床医に活用され、日々の呼吸器感染症診療のお役に立てて頂ければ幸いです。

2014年7月

JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会
呼吸器感染症ワーキンググループ 委員長 三笠 桂一

呼吸器感染症治療ガイドライン申込書
購入に関する問合先:一般社団法人日本感染症学会
          E-mail:info@kansensho.or.jp
          TEL:03-5842-5845

※2014年7月31日発行

Adobe Reader PDFをご覧になるには、「Adobe Reader」をダウンロードしてご使用ください。