一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホームガイドライン・提言ガイドライン > 「MRSA感染症の治療ガイドライン」2014年改訂版公表にあたって

ガイドライン・提言

ガイドライン一覧に戻る

「MRSA感染症の治療ガイドライン」
2014年改訂版公表にあたって

 公益社団法人日本化学療法学会と一般社団法人日本感染症学会が合同で運営する「MRSA感染症の治療ガイドライン」作成委員会では、昨年、2013年4月にガイドラインの初版を作成し両学会のホームページ上で公開するとともに、6月には両学会会員に冊子体の配布も行いました。その後、MRSA感染症とその治療をめぐる環境は、一年を待たずして様々な変化を遂げています。一部の抗MRSA薬では適応疾患の追加があったり、新しい投与法が承認されたりしていますし、いくつかの評価すべき臨床研究の成果も報告されています。さらに、抗MRSA薬の耐性化に関する新知見も新たになるなど、会員諸氏に伝えなければならない情報が数多くありました。これらの新しい情報をその都度冊子体として会員諸氏にお届けすることは多くの労力と資金を必要としますが、昨今の情報伝達環境を考えれば、ウェブ上でお伝えすることは容易であり、素早い変化に対応が求められる感染症診療の世界では理にかなったものと考えました。そこで作成委員会の委員並びに協力委員のご協力を得て改定作業をすすめ、今回のガイドライン2014年改訂版の公表に至りました。公開に先立ち、短期間ではありますが会員の皆様にはパブリックコメントをお願いし、幾つかの有益なご意見やご示唆を頂戴し、ガイドライン上に反映させていただいたものもあります。この場をお借りしてお礼申し上げます。ただ、今回の公開は改めて、広く多くの方々に内容をご覧いただきご評価いただくためのものでもあります。ぜひ、忌憚のないご意見やご希望を両学会宛てにお寄せいただければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

「MRSA感染症の治療ガイドライン2014年改訂版」
定価:
冊子(サマリー+解説):A4版 109ページ 400円(税込)
ポケット版(サマリー):A6版 69ページ 200円(税込)
・定価は会員、非会員とも同額です。
・送料は実費負担となります。

2014年8月1日

公益社団法人日本化学療法学会・一般社団法人日本感染症学会
MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会 委員長 二木 芳人

「MRSA感染症の治療ガイドライン」2014年改訂版
「MRSA感染症の治療ガイドラインおよびポケット版」(改訂版)申込書

※「MRSA感染症の治療ガイドライン」2017年改訂版が2017年7月発売予定。


Adobe Reader PDFをご覧になるには、「Adobe Reader」をダウンロードしてご使用ください。