一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホームお知らせ学会からのお知らせ > “ブレイクポイントの臨床応用を考える @フルオロキノロン剤”へのパブリックコメントのお願い

お知らせ

学会からのお知らせ一覧に戻る

“ブレイクポイントの臨床応用を考える
@フルオロキノロン剤”への
パブリックコメントのお願い

 ブレイクポイント(BP)は、抗菌薬の臨床的有効性を推定する上で重要な指標の1つであり、米国を中心に利用されているCLSI(Clinical and Laboratory Standards Institute)、欧州EUCAST(European Committee on Antimicrobial Susceptibility Testing)、さらに本邦においても日本化学療法学会が1994年から独自のBPを発表してきました。
 ブレイクポイント臨床応用検討委員会では、日本化学療法学会が設定する計算式に基づくBPに加えて、PK/PD解析から得られるBP、さらに臨床例からその有効性が証明されているBPを比較して示し、BPの臨床応用を促進することを検討してきました。また、これらの値がCLSI、EUCASTの設定するBPとどのような関係にあるのか、それぞれのBPの特徴を理解し、効果的かつ適正な抗菌薬療法に活用していくことを考えて本冊子を作成しております。さらに三学会合同サーベイランス委員会との連携により、分離菌の感受性分布をEUCASTの成績と対比して示しています。この成績をみることにより、日本と欧洲分離菌の感受性分布の違い、さらに自動機器のS、I、R判定だけでは分からない分離菌の感受性分布を理解することができます。
 また、本冊子では基準薬(キノロン系薬の場合はレボフロキサシン)のMICと比較した相対MICを各薬剤別に示していることが特徴です。この解析により、通常の感受性検査では実施されない新しい抗菌薬、基準薬以外の抗菌薬のMICを理論的に推定することが可能となります。
 会員の皆様方からのご意見をいただいたのち、発刊・ホームページ上での公開となります。また、フルオロキノロン剤に続いてβラクタム剤、特にカルバペネム系抗菌薬に関して同様な解析を行うことを考えております。お気づきの点がありましたらご連絡いただければ幸いです。

公益社団法人日本化学療法学会
一般社団法人日本感染症学会
一般社団法人日本臨床微生物学会
三学会合同ブレイクポイント臨床応用検討委員会
委員長 舘田 一博

●意見募集期間
 平成29年6月21日(水曜日)〜6月30日(金曜日)

パブリックコメントは締め切りました。