一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム感染症専門医制度過去のお知らせ > 感染症専門医制度規則改正について

感染症専門医制度

お知らせ

過去のお知らせインデックスに戻る

感染症専門医制度規則改正について

 本学会では感染症専門医制度規則を平成20年4月17日付にて以下のとおり改正しましたので,お知らせ致します.
 尚,感染症専門医制度規則の全文はこちらのページに掲載してあります.

【改正前】
第9条 
専門医の認定を申請できる者は次の各項を満たす者とする.

  1. 基本領域学会専門医(認定医)に認定されている者.
  2. 感染症の臨床修練を積んでいること.
    1)基本領域学会の研修年限を含めて感染症学の研修を6年以上行っている者.
    2)その内,3年間は本会が指定した研修施設で,別に定めるカリキュラムに基づいて研修を行っていることを原則とする.
     尚,研修施設,指導医については別に定める.
  3. 感染症の臨床に関して,筆頭者としての論文発表1篇,学会発表2篇,計3篇あること.
    尚,学会,雑誌の種類に関しては細則2に定める.
  4. 日本感染症学会会員歴5年以上で,この間,会費を完納している者.
  5. 審議会が施行する専門医のための認定試験に合格すること.

【改正後】
第9条
専門医の認定を申請できる者は次の各項を満たす者とする.

  1. 基本領域学会専門医(認定医)に認定されている者.
  2. 感染症の臨床修練を積んでいること.
    1)基本領域学会の研修年限を含めて感染症学の研修を6年以上行っている者.
    2)上記6年の内,3年間は本学会員として本会が指定した研修施設で,別に定めるカリキュラムに基づいて研修を行っていることを原則とする.
     尚,研修施設,指導医については別に定める.
  3. 感染症の臨床に関して,筆頭者としての論文発表1篇,学会発表2篇,計3篇あること.
    尚,学会,雑誌の種類に関しては細則2に定める.
  4. 日本感染症学会会員歴5年以上で,この間,会費を完納している者.
  5. 審議会が施行する専門医のための認定試験に合格すること.

社団法人日本感染症学会
平成20年5月