一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム感染症専門医制度過去のお知らせ > 指導医講習会のお知らせ

感染症専門医制度

お知らせ

過去のお知らせインデックスに戻る

指導医講習会のお知らせ

日本感染症学会専門医制度審議委員会では第86回日本感染症学会総会学術講演会に於きまして 第13回指導医講習会を以下の要領で実施致します。

指導医講習会実施要領

1.参加確認について

  1. 各地方会学術集会に於いて各々の会場前で講習会開始10分前から講習会参加票を配布します。
    *講習会参加票にはお名前、勤務先名を記入して、会員(専門医/指導医)・非会員のいずれかに○を付けて頂き、質問に解答していただきます。
    質問は短文で聴講しながら解答できる程度のものです。
  2. 講習会終了後、参加票を回収します。
    注)参加票のご提出がない場合は無効となりますので、ご注意ください。

2.指導医講習会について

  1. 指導医資格申請条件として
    専門医取得後、指導医講習会へ2回以上参加していること。
    ・平成22年3月1日以降に認定された専門医から適用する。
    ・平成22年2月末日以前に認定された専門医が平成22年度以降に指導医に申請する場合は指導医講習会に1回以上、平成27年度からは2回以上参加していることを原則とする。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。

  2.   
  3. 指導医資格更新条件として
    指導医更新取得単位30単位中、10単位は指導医講習会への参加を必須とする。
    ・平成22年3月1日以降に認定された指導医から適用する。
    ・平成22年2月末日以前に認定された指導医は平成22年度以降は20単位以上(内、10単位は指導医講習会)、平成27年度以降は30単位以上(内、10単位は指導医講習会)を取得することを原則とする。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に参加された場合は各10単位となります。
    但し、各学術講演会・集会で複数回の指導医講習会に参加されても20単位を上限とする。

  4.  
  5. 暫定指導医資格申請条件として
    育成経過措置(連携研修施設・暫定指導医)に申請する場合、暫定指導医申請の条件として指導医講習会へ2回以上参加していること(平成22年度以降の申請から適用する)。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。

認定指導医規約PDF 専門医育成経過措置要綱はこちらです。

開催予定の指導医講習会プログラム

第13回指導医講習会プログラム
於:第86回日本感染症学会総会学術講演会
会期:2012年4月25日(水曜日)、26日(木曜日)
会場:長崎ブリックホール
シンポジウム9(2F大ホール 第1会場)
 テーマ:難治性真菌症への挑戦
 日時:平成23年4月25日(水曜日)16時〜18時
シンポジウム10(3F国際会議室 第2会場)
 テーマ:抗インフルエンザ薬と新しいインフルエンザワクチン
 日時:平成23年4月26日(木曜日)15時40分〜17時40分

*開催時間、講演会場、講演内容等の詳細につきましては第86回日本感染症学会総会学術講演会 ホームページ(http://www.c-linkage.co.jp/kansensho86)でご確認ください。

社団法人日本感染症学会
平成24年1月