一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム感染症専門医制度過去のお知らせ > 指導医講習会のお知らせ

感染症専門医制度

お知らせ

過去のお知らせインデックスに戻る

指導医講習会のお知らせ

第22回指導医講習会が決定いたしましたので、ご連絡いたします。奮ってご参加ください。

参加確認方法について
各講習会会場前にて講習会開始10分前から講習会参加票を配布しますので、講習会終了後、参加票をご提出ください。参加にあたり事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
注)参加票のご提出がない場合は無効となりますので、ご注意ください。

第22回指導医講習会


於:第88回日本感染症学会学術講演会時
会期:平成26年6月18日(水曜日)〜20日(金曜日)
会場:ヒルトン福岡シーホーク(〒810-8650 福岡市中央区地行浜2-2-3)
※学術講演会参加費が必要です。

22-1:シンポジウム04「超高齢者社会における感染症対策」
日時:6月18日(水曜日)14:10〜16:10  第2会場
司会:
金光 敬二(福島県立医科大学医学部医学科感染制御学講座)
内山 正子(新潟大学医歯学総合病院感染管理部)
演者:
丸山 貴也(国立病院機構三重病院呼吸器内科)
竹村  弘(聖マリアンナ医科大学病院感染制御部、聖マリアンナ医科大学微生物学)
末廣 剛敏(遠賀中間医師会おんが病院救急総合診療科)
遠藤 史郎(東北大学大学院感染制御・検査診断学)

22-2:シンポジウム10「薬剤耐性菌を考慮した尿路感染症の抗菌薬療法とは?」
日時:6月19日(木曜日)14:10〜16:10  第3会場
司会:
荒川 創一(神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学分野)
山本 新吾(兵庫医科大学泌尿器科)
演者:
重村 克巳(神戸大学大学院医学研究科腎泌尿器科学分野)
蓮井 正史(はすい小児科) 
岩破 一博(京都府立医科大学大学院女性生涯医科学)
中嶋 一彦(兵庫医科大学感染制御部)

22-3:シンポジウム14「創薬促進のための産官学連携」
日時:6月20日(金曜日)9:00〜11:00  第1会場
司会:
渡辺  彰(東北大学加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門)
岩田  敏(慶應義塾大学医学部感染症学教室)
演者:
舘田 一博(東邦大学医学部微生物・感染症学講座)
松本 哲哉(東京医科大学微生物学講座)
星野 一樹(第一三共株式会社ワクチン事業部)
経済産業省
文部科学省
厚生労働省
特別コメント:二木 芳人(昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門)

指導医講習会参加を要する申請・更新条件について

  1. 指導医資格申請
    専門医取得後、指導医講習会へ2回以上参加していること。
    ・平成22年3月1日以降に認定された専門医から適用する。平成22年2月末日以前に認定された専門医が平成22年度以降に指導医に申請する場合は指導医講習会に1回以上、平成27年度からは2回以上参加していることを原則とする。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。
  2.     
  3. 指導医資格更新
    指導医更新取得単位30単位中、10単位は指導医講習会への参加を必須とする。
    ・平成22年3月1日以降に認定された指導医から適用する。平成22年2月末日以前に認定された指導医は平成22年度以降は20単位以上(内、10単位は指導医講習会)、平成27年度以降は30単位以上(内、10単位は指導医講習会)を取得することを原則とする。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に参加された場合は各10単位となります。
    但し、各学術講演会・集会で複数回の指導医講習会に参加されても20単位を上限とする。
  4.     
  5. 暫定指導医資格申請
    育成経過措置(連携研修施設・暫定指導医)に申請する場合、暫定指導医申請の条件として指導医講習会へ2回以上参加していること(平成22年度以降の申請から適用する)。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。

指導医規約PDF 専門医育成経過措置要綱はこちら

一般社団法人日本感染症学会
平成26年5月