一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム感染症専門医制度過去のお知らせ > 指導医講習会のお知らせ

感染症専門医制度

お知らせ

過去のお知らせインデックスに戻る

指導医講習会のお知らせ

第23回・第24回指導医講習会が決定いたしましたので、ご案内いたします。奮ってご参加ください。

参加確認方法について
各講習会会場前にて講習会開始10分前から講習会参加票を配布しますので、講習会終了後、参加票をご提出ください。参加にあたり事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
注)参加票のご提出がない場合は無効となりますので、ご注意ください。

第23回指導医講習会

於:第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会
会期:平成26年10月23日(木曜日)〜25日(土曜日)
会場:岡山コンベンションセンター(〒700-0024 岡山市北区駅元町14番1号)

23-1:シンポジウム01「ワクチンの普及を目指して―Endeavor to improve vaccination coverage」
日時:10月23日(木曜日)13:00〜14:30 第1会場
司会:
John C. Christenson(米国Indiana州立大学医学部小児感染症科)
中野 貴司(川崎医科大学小児科)
演者:
John C. Christenson(米国Indiana州立大学医学部小児感染症科)
岡田 賢司(福岡歯科大学総合医学講座小児科学分野)
田中 孝明(川崎医科大学小児科)
渡邊  浩(久留米大学医学部感染制御学講座)

23-2:シンポジウム09「Host-Pathogen interactionに注目した感染症の病態解明と制御」
日時:10月24日(金曜日)14:30〜16:30 第1会場
司会:
平松 和史(大分大学医学部附属病院感染制御部)
柳原 克紀(長崎大学医歯薬学総合研究科医療科学専攻展開医療科学講座病態解析・診断学)
演者:
中村 茂樹(長崎大学病院第二内科)
渡部 則彦(京都大学大学院医学研究科消化器内科学)
金子 幸弘(大阪市立大学大学院医学研究科細菌学)
桑原 知己(香川大学医学部付属病院感染制御部)

23-3:シンポジウム15「薬剤耐性腸内細菌に対する感染制御」
日時:10月25日(土曜日)9:00〜11:00 第1会場
司会:
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)
柳原 克紀(長崎大学医歯薬学総合研究科医療科学専攻展開医療科学講座病態解析・診断学)
演者:
菅井 基行(広島大学大学院医歯薬保健学研究院基礎生命科学部門細菌学)
松村 康史(京都大学医学部附属病院感染制御部)
森永 芳智(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座病態解析・診断学)
山岸 由佳(愛知医科大学病院感染症科/感染制御部)
中嶋 一彦(兵庫医科大学感染制御部)

第24回指導医講習会

於:第63回日本感染症学会東日本地方会学術集会
会期:2014年10月29日(水曜日)〜31日(金曜日)
会場:東京ドームホテル(〒112-8562 東京都文京区後楽1-3-61)

シンポジウム8「感染症診断のピットフォール―微生物検査に潜む問題点と対応―」
日時:10月31日(金曜日)9:00〜10:50  第1会場
司会:
松本 哲哉(東京医科大学微生物学分野)
岡崎 充宏(東京工科大学医療保健学部)
演者:
三澤 成毅(順天堂医院臨床検査部)
石井 良和(東邦大学医学部微生物・感染症学)
大楠 清文(東京医科大学微生物学講座)
永井 英明(国立病院機構東京病院)

指導医講習会参加を要する申請・更新条件について

  1. 指導医資格申請
    専門医取得後、指導医講習会へ2回以上参加していること。
    ・平成22年3月1日以降に認定された専門医から適用する。平成22年2月末日以前に認定された専門医が平成22年度以降に指導医に申請する場合は指導医講習会に1回以上、平成27年度からは2回以上参加していることを原則とする。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。
  2. 指導医資格更新
    指導医更新取得単位30単位中、10単位は指導医講習会への参加を必須とする。
    ・平成22年3月1日以降に認定された指導医から適用する。平成22年2月末日以前に認定された指導医は平成22年度以降は20単位以上(内、10単位は指導医講習会)、平成27年度以降は30単位以上(内、10単位は指導医講習会)を取得することを原則とする。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に参加された場合は各10単位となります。
    但し、各学術講演会・集会で複数回の指導医講習会に参加されても20単位を上限とする。
  3. 暫定指導医資格申請
    育成経過措置(連携研修施設・暫定指導医)に申請する場合、暫定指導医申請の条件として指導医講習会へ2回以上参加していること(平成22年度以降の申請から適用する)。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。

指導医規約PDF 専門医育成経過措置要綱はこちら

一般社団法人日本感染症学会専門医審議委員会
平成26年9月