一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム感染症専門医制度過去のお知らせ > 指導医講習会のお知らせ

感染症専門医制度

お知らせ

過去のお知らせインデックスに戻る

指導医講習会のお知らせ

日本感染症学会専門医制度審議委員会では、秋に開催される第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会、第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会・第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会におきまして第29回、第30回指導医講習会を以下の要領で実施致します。

参加確認方法について

各講習会会場前にて講習会開始10分前から講習会参加票を配布しますので、講習会終了後、参加票をご提出ください。参加にあたり事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
注)参加票のご提出がない場合は無効となりますので、ご注意ください。

第29回指導医講習会

於:
第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会
(第63回日本化学療法学会東日本支部総会) 合同学会時
会期:平成28年10月26日(水曜日)〜28日(金曜日)
会場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
※学術講演会参加費をお支払い下さい。

29-1:ワークショップ「小児の新興ウイルス感染症」

日時:平成28年10月26日(水曜日)14:25〜15:55  第1会場
司会:
宮入  烈(国立成育医療研究センター生体防御系内科部感染症科)
佐藤 吉壮(富士重工業健康保険組合太田記念病院小児科)
1.エンテロウイルスD68
   松嵜 葉子(山形大学医学部感染症学講座)
2.ヒトパレコウイルス3型
   相澤 悠太(東京都立小児総合医療センター感染症科)
3.ジカウイルス感染症
   宮入  烈(国立成育医療研究センター生体防御系内科部感染症科)

29-2:シンポジウム5「難治性真菌症診療のブレイクスルーを目指して」

日時:平成28年10月28日(金曜日)13:40〜15:50 第3会場
司会:
宮ア 義継(国立感染症研究所真菌部)
渡辺  哲(千葉大学真菌医学研究センター臨床感染症分野)
1.糸状菌感染症
   木村 宗芳(虎の門病院臨床感染症科)
2.救急医療の真菌症
   立石 順久(千葉大学大学院医学研究院救急集中治療学)
3.感染性心内膜炎
   樽本 憲人(埼玉医科大学感染症科・感染制御科)
4.新規の抗真菌薬
   中村 茂樹(国立感染症研究所真菌部)

第30回指導医講習会

於:
第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会
第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会
(第64回日本化学療法学会西日本支部総会) 合同開催時
会期:平成28年11月24日(木曜日)〜26日(土曜日)
会場:沖縄コンベンションセンター
※学術講演会参加費をお支払い下さい。

30-1:シンポジウム2「抗菌薬TDMガイドライン2016」

日時:平成28年11月24日(木曜日)13:30〜15:30 第1会場
司会:
三鴨 廣繁(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)
高橋 佳子(兵庫医科大学病院薬剤部)
演者:
高橋 佳子(兵庫医科大学病院薬剤部)
平田 純生(熊本大学薬学部臨床薬理学分野)
竹末 芳生(兵庫医科大学感染制御学)
猪川 和朗(広島大学大学院臨床薬物治療学)
笠原  敬(奈良県立医科大学感染症センター)
浜田 幸宏(愛知医科大学病院薬剤部)

30-2:シンポジウム3「カルバペネム耐性腸内細菌の危機管理」

日時:平成28年11月25日(金曜日)14:15〜15:55 第1会場
  司会:飯沼 由嗣(金沢医科大学臨床感染症学)
司会:八木 哲也(名古屋大学大学院医学系研究科臨床感染統御学)
演者:
和知野純一(名古屋大学大学院医学系研究科臨床感染統御学)
大毛 宏喜(広島大学病院感染症科)
塚本  仁(福井大学医学部附属病院薬剤部)
泉川 公一(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座臨床感染症学分野)

指導医講習会参加を要する申請・更新条件について

  1. 指導医資格申請
    専門医取得後、指導医講習会へ2回以上参加していること。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。
  2. 指導医資格更新
    指導医更新取得単位30単位中、10単位は指導医講習会への参加を必須とする。
    注)各学術講演会・集会で複数回行われる指導医講習会に参加された場合は各10単位となります。但し、各学術講演会・集会で複数回の指導医講習会に参加されても20単位を上限とする。
  3. 暫定指導医資格申請
    育成経過措置(連携研修施設・暫定指導医)に申請する場合、暫定指導医申請の条件として指導医講習会へ2回以上参加していること。
    注)各学術講演会で複数回行われる指導医講習会に、複数回参加されましても参加回数は1回と数えます。

指導医規約PDF 専門医育成経過措置要綱はこちら