一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

施設内感染対策事業

院内感染対策講習会

  • 最新の情報
  • 過去の情報(現在過去の情報はありません)

院内感染対策講習会Q&Aインデックスに戻る

院内感染対策講習会Q&A

原因微生物と検査

Q1
■原因微生物:MRSA,VRE
喀痰培養や糞便培養でMRSAやVREが検出され,患者が無症状の場合は保菌者と考えてよいのか.また,院内感染対策上,どのような対応を行う必要がありますか.
A1
PDF(573KB)
Q2
■原因微生物:多剤耐性菌
日和見感染症において,MRSAおよびVRE以外に臨床の場で注意すべき多剤耐性菌について教えてください.
A2
PDF(574KB)
Q3
■原因微生物:ディフィシル菌
偽膜性大腸炎の原因菌であるClostridium difficileによる施設内感染防止のために,患者,看護師,清掃業者に対する具体的な指導方法をご教示ください.
A3
PDF(509KB)
Q4
■検査:ツベルクリン反応とBCG
病院職員に対するツベルクリン反応を実施するタイミングと実施方法(二段階検査含む)と陰性者へのBCG接種は勧めていくべきでしょうか.
A4
PDF(507KB)
Q5
■検査:ノロウイルスと鳥インフルエンザウイルス
ノロウイルスや鳥インフルエンザウイルスに対する検査法についてご教示ください.
A5
PDF(503KB)
Q6
■検査:麻疹,風疹,水痘,ムンプスについて
若い医療従事者の麻疹,風疹,水痘の抗体保有率とその検査法について教えてください.
A6
PDF(562KB)
目次へ戻る 次のページ >