一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム施設内感染対策事業院内感染対策講習会 > 感染対策と薬物療法

施設内感染対策事業

院内感染対策講習会

  • 最新の情報
  • 過去の情報(現在過去の情報はありません)

院内感染対策講習会Q&Aインデックスに戻る

院内感染対策講習会Q&A

感染対策と薬物療法

Q45
■MRSAの薬物治療とTDM
腎機能障害時にバンコマイシン,アルべカシン等の投与間隔が2日(48時間)毎の場合,トラフは下がってきますか? その場合有効血中濃度に入っている時間が短くなるような気がしますが,抗菌力は変わらないでしょうか.
MRSAの消失する期間の判定(フローチャート)は1週間でよいのですか?
A45
PDF(527KB)
Q46
■MRSAの薬物治療とTDM
抗MRSA薬(バンコマイシン,アルべカシン,テイコプラニン)の特徴に基づき,製薬会社のTDMのソフトを用い,アルべカシンでは1日1回の投与設計を行っていますが,血中濃度がシミュレーション通りに上がらないケースがありました.その場合,腎機能は問題のない患者において,投与量を上げて行うべきか,違うものをすすめるべきでしょうか?
また,製薬会社作成のソフトでシミュレーションより血中濃度が上がらない場合,どのようにすればよいか教えてください.
A46
PDF(520KB)
Q47
■MRSAの薬物治療とTDM
バンコマイシンの副作用であるレッドネックについて,投与量と投与時間の関係を教えてください.また,アルべカシンにおける時間と投与量の関係,バンコマイシンやテイコプラニンにおけるPK/PDについても教えてください.
A47
PDF(524KB)
Q48
■MRSAの薬物治療とTDM
バンコマイシン等の場合,1日2回を1日1回投与とすると,トラフ値に至るまでの時間が延びることになりますか?
トラフ値から次のトラフ値へ至るまでの時間が延びることによるside effectへの影響はいかがでしょうか?
A48
PDF(520KB)
Q49
■院内感染の薬物療法
血液透析患者へのシャント穿刺部位へのMRSA感染,人工血管へのMRSA感染の場合,バンコマイシンの用法用量はどのように決定しているのでしょうか?
PK/PD特性の観点からご教示ください.
A49
PDF(524KB)
Q50
■院内感染の薬物療法
アミノグリコシド系薬剤は1日1回投与の方が効果が期待できると最近よく言われており,医師にもそのように提案していますが,手術後感染発症などの症例ではセフェム系薬剤と併用することがあります.その場合の投与量はどの程度がよいのか教えてください.
今はセフェム系薬剤,朝夕の投与の間にアミカシン200mg 1Aを1回投与のみですが,効果は期待できますか?
A50
PDF(524KB)
Q51
■薬物療法
特定の抗菌薬(抗MRSA薬,ニューキノロン系,カルバペネム系)を届出制にしておりますが,その意義と,上記以外に届出制にした方がよい薬剤がありますか?
届出制について注意すべきことをお教えください.
A51
PDF(494KB)
Q52
■薬物療法
日本で耐性菌が多いのは用法・用量が適正でないことと関係があるのでしょうか.例えばレボフロキサシン3T/分3という用法・用量やβ-ラクタム系薬,アミノグリコシド系薬も総じて用量が少ないのでは,と思うのですが耐性獲得と関係ないですか? 不適切な用量が変異を誘導しないのか?
また多剤耐性緑膿菌(MDRP)に対するピペラシリンの最大量とは8g/分4のことですか? それとももっと多い量のことですか?
A52
PDF(531KB)
Q53
■薬物療法
サイクリング療法とかミキシング療法とは,どういうことで,その意義はどこにあるのですか?それが耐性化を防ぐのによい方法だといわれていますがどのくらい有効かを教えてください.また,その療法が確立したとして,中小病院(抗菌薬の種類をしぼっている病院)でも有効でしょうか?
A53
PDF(496KB)
Q54
■薬物療法
抗菌薬適性使用のために抗菌薬の使用をコントロールすることは必要でしょうか?
また必要だとすればICTはどのように介入したらよいのでしょうか?
A54
PDF(521KB)
Q55
■薬物療法
心臓血管外科の術後感染症として人工血管関連のMRSA敗血症や人工弁関連の感染性心内膜炎が起きた場合の感染管理について教えてください.バンコマイシンなどの抗MRSA薬の使用期間が長期間になりますがやむを得ないのでしょうか?
A55
PDF(496KB)
Q56
■薬物療法
人工関節置換術の際のバンコマイシン局所投与は感染予防として適切な方法でしょうか?
A56
PDF(491KB)
Q57
■薬物療法
病院に入院中の患者でMRSAの保菌が問題となり,除菌を要するケースというのは,どのような場合なので しょうか? またその場合の除菌方法について教えてください.
A57
PDF(504KB)
前のページ 次のページ >