一般社団法人 日本感染症学会
powered byGoogle
The Japanese Association for Infectious Diseases

インフルエンザ 関連情報
蚊媒介感染症
多剤耐性菌 関連情報
院内感染対策Q&A
感染症セミナー 開催案内/Web申し込み
災害と感染症対策

ホーム施設内感染対策事業院内感染対策講習会 > 血液媒介感染について

施設内感染対策事業

院内感染対策講習会

  • 最新の情報
  • 過去の情報(現在過去の情報はありません)

院内感染対策講習会Q&Aインデックスに戻る

院内感染対策講習会Q&A

血液媒介感染について

Q58
■血液媒介感染等
針刺し事故後の適切な対応について.
対象となる患者が特定できる場合,例えばHBs抗体陽性の職員がHBVの針刺し事故を起こした場合の対応とか予防処置の必要性,また特定できない場合の対応について教えてください.それから,事故があった場合の必要な検査や費用など,フォローアップの仕方も教えてください.
A58
PDF(498KB)
Q59
■血液媒介感染等
HIV感染予防の判断基準,並びに予防薬の常備の必要性と常備していない場合の入手方法について教えてください.
A59
PDF(503KB)
Q60
■血液媒介感染等
手術予定患者等に対する術前検査として,HIV抗体検査は実施した方がよいのでしょうか? また実施する場合,患者の同意の取得方法や費用負担に関してはどのようにしたらよいのでしょうか?
A60
PDF(492KB)
Q61
■血液媒介感染等
知的障害者収容施設や保育園の入園児がHBV,HCV,HIVの感染者である場合,入園している他の児童への対応はどのようにしたらよいのでしょうか? 接触の制限やワクチン接種などの問題も含め教えてください.
A61
PDF(491KB)
前のページ 次のページ >