日本感染症学会

感染症トピックスTopics

第94回日本感染症学会総会・学術講演会

COVID-19に関連した論文:症例報告

最終更新日:2020年9月3日

COVID-19に関連した論文一覧に戻る

症例報告

Coronavirus Disease-19 Pneumonia with Facial Nerve Palsy and Olfactory Disturbance. (愛媛県立中央病院)NEW
著者名 Homma Y, Watanabe M, Inoue K, Moritaka T.
雑誌名 Intern Med. 2020;59(14):1773-1775. doi: 10.2169/internalmedicine.5014-20.
要点 右の顔面神経麻痺と舌右側の味覚障害を伴ったCOVID-19肺炎の症例報告。髄液検査でウイルスは検出されずSARS-CoV-2による末梢神経障害により顔面神経麻痺を生じていると考察した。
A Case of Coronavirus Disease 2019 Treated With Ciclesonide. (横浜市立大学附属病院)
著者名 Nakajima K, Ogawa F, Sakai K, Uchiyama M, Oyama Y, Kato H, et al.
雑誌名 Mayo Clin Proc. 2020 Jun;95(6):1296-1297. doi:10.1016/j.mayocp.2020.04.007
要点 ICU入室中の重症COVID-19肺炎患者に対し、シクレソニド吸入薬を使用し抜管、生存退院となった症例報告。
Protection of Dialysis Staff from COVID-19 Infection: Setting Up and Impact of Extended Blood Lines during Dialysis. (自治医科大学附属病院)
著者名 Matsuoka R, Masuda T, Akiyama Y, Muto T, Miyamoto Y, Imai T, et al.
雑誌名 ASAIO J. 2020 Jul 16. doi:10.1097/MAT.0000000000001240.
要点 維持透析患者のCOVID-19重症症例に対する血液透析の工夫。透析スタッフの感染防護策として透析回路を延長し、患者から距離を保ったが、安全に施行できた例。
Humidifier Use and Prone Positioning in a Patient with Severe COVID-19 Pneumonia and Endotracheal Tube Impaction Due to Highly Viscous Sputum.  (兵庫県立丹波医療センター)
著者名 Sugimoto R, Kenzaka T, Fujikawa M, Kawasaki S, Nishisaki H.
雑誌名 ‬Cureus. 2020;12(6): e8626. Published 2020 Jun 15. doi:10.7759/cureus.8626
要点 粘稠度の高い喀痰で挿管チューブ閉塞をきたしたCOVID-19重症肺炎患者の症例報告。エアロゾル対策のための人工鼻、制限輸液によるDry sideでの管理が粘稠痰を助長した可能性がある。
Acute Gouty Arthritis During Favipiravir Treatment for Coronavirus Disease 2019: A Case Report. (成田赤十字病院 感染症科)
著者名 Hase R, Kurata R, Ishida K, Kurita T, Muranaka E, Mito H.
雑誌名 ‬Intern Med. 2020 Jul 28. doi:10.2169/internalmedicine.5377-20.
要点 ファビピラビル使用中に痛風発作が生じたCOVID-19症例の報告。ファビピラビルの副作用として血中尿酸値の上昇が知られているが、COVID-19に対して高容量で使用する際には痛風発作を発症する可能性もあるので、注意が必要。
Therapeutic Potential of Ciclesonide Inahalation for COVID-19 Pneumonia: Report of Three Cases. (神奈川県立足柄上病院)
著者名 Iwabuchi K, Yoshie K, Kurakami Y, Takahashi K, Kato Y, Morishima T.
雑誌名 ‬J Infect Chemother. 2020 Jun;26(6):625-632. doi:10.1016/j.jiac.2020.04.007.
要点 クルーズ船下船者のSARS-CoV-2による肺炎に対し、シクレソニド吸入薬を使用し改善した3例の症例報告。
A case of imported COVID-19 diagnosed by PCR-positive lower respiratory specimen but with PCR-negative throat swabs. (成田赤十字病院 感染症科)
著者名 Hase R, Kurita T, Muranaka E, Sasazawa H, Mito H, Yano Y.
雑誌名 Infect Dis ‭(Lond). 2020 Jun;52‭(6): 423-426. doi:10.1080/23744235.2020.1744711. ‬‬‬‬‬‬‬‬
要点 咽頭スワブによるPCR検査が陰性で、誘発喀痰によるPCR検査が陽性となり診断が確定したCOVID-19症例の報告。臨床的に疑わしい症例で、上気道検体のPCR検査が陰性であった場合には、下気道検体でのPCR検査を検討すべきである。
A case of non-severe COVID -19 complicated by pulmonary embolism. (慶應義塾大学病院)
著者名 Akiyama Y, Horiuchi K, Kondo Y, Kabata H, Ishii M, Fukunaga K.
雑誌名 Respir Case Rep. ‭8‭(7),‭ ‬2020,‭ ‬e00622‬. doi:http://dx.doi.org/10.1002/rcr2.622‬‬‬‬‬‬‬‬
要点 非重症のCOVID-19で入院した日本人男性におけるPEの発生についてのケースレポート。比較的症状の軽い患者でもPEの合併に留意する必要があると考えられた。
Gargle Lavage as a Safe and Sensitive Alternative to Swab Samples to Diagnose COVID-19: A Case Report in Japan. (東京大学医科学研究所附属病院感染免疫内科)
著者名 Saito M, Adachi E, Yamayoshi S, Koga M, Iwatsuki-Horimoto K, Kawaoka Y, et al.
雑誌名 Clin Infect Dis. 2020 Apr 2; ciaa377. doi: 10.1093/cid/ciaa377.
要点 新型コロナウイルス感染症の診断に際して咽頭うがい液検体によるPCR検査の有用性についての報告。
Cases of Coronavirus disease-2019 in HIV-infected Transgender Women. (東京大学医科学研究所附属病院感染免疫内科)
著者名 Adachi E, Saito M, Ikeuchi K, Hoshina T, Yotsuyanagi H.
雑誌名 AIDS. 2020 Jul 15; 34(9):1435-6. doi:10.1097/QAD.0000000000002573.
要点 トランスジェンダー女性のHIV感染者における新型コロナウイルス感染症の感染リスク因子と臨床経過についての考察。
Serum KL-6 can distinguish between different phenotypes of severe COVID-19.(琉球大学大学院 感染症・呼吸器・消化器内科(第一内科))
著者名 Nakamura H, Miyagi K, Otsuki M, Higure Y, Nishiyama N, Kinjo T, et al.
雑誌名 J Med Virol. 2020 Jul 7. doi: 10.1002/jmv.26268.
要点 COVID-19による重症ARDSには肺コンプライアンスの違いから異なる2つのフェノタイプの存在が提唱されている。血清KL-6値がその鑑別に有用であることを示唆する2症例の呈示。
Clinical course of a critically ill patient with severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2).(千葉大学医学部附属病院)
著者名 Takahashi N, Abe R, Hattori N, Matsumura Y, Oshima T, Taniguchi T, et al.
雑誌名 J Artif Organs. 2020 Jun 16;1-4. doi:10.1007/s10047-020-01183-y.
要点 クルーズ船で発症した重症COVID−19肺炎に対してV-V ECMOを導入した一例の経過。
Imported and Locally Transmitted Mild SARS-CoV-2 Pneumonia Cases in Japan.(京都市立病院)
著者名 Tochitani K, Iwamoto N, Motobayashi H, Yamamoto S, Tsunehiro Shimizu.
雑誌名 J Infect Chemother. 2020 Aug; 26(8):854-857. doi:10.1016/j.jiac.2020.05.014.
要点 京都府での第1,2例目の症例報告。2例目は海外渡航歴なく、国内でのヒト-ヒト感染と考えられた。2例とも下痢を伴っており、既報よりも消化器症状が多い可能性が考えられた。
Prolonged presence of SARS-CoV-2 in a COVID-19 case with rheumatoid arthritis taking iguratimod treated with ciclesonide. (東北大学病院)
著者名 Baba H, Kanamori H, Oshima K, Seike I, Niitsuma-Sugaya I, Takei K, et al.
雑誌名 J Infect Chemother. 2020 July 1; https://doi.org/10.1016/j.jiac.2020.06.022
要点 関節リウマチでigratimod内服中にCOVID-19に罹患し、シクレソニド吸入で良好な臨床経過が得られたが、ウイルスPCR検出が遷延した一症例。
Continuous Renal Replacement Therapy for a Patient with Severe COVID-19.(国立国際医療研究センター)
著者名 Katagiri D, Ishikane M, Ogawa T, Kinoshita N, Katano H, Suzuki T, et al.
雑誌名 Blood Purif. 2020 Jun 11; 1-3. doi:10.1159/000508062.
要点 COVID-19患者がひとたび重症化し、多臓器不全の一環として、重度の急性腎障害(AKI)を発症した場合、集中治療室での持続血液濾過透析(CRRT)が考慮される。我々はAKI合併COVID-19症例に対して、サイトカイン吸着膜を用いてCRRTを施行した。CRRT排液は医療スタッフが扱うため、その潜在的な感染リスクを評価する必要がある。我々の検討ではCRRT排液から複数回、SARS-CoV-2 genomic materialが検出された。集中治療室でのCRRT施行時には、医療者の感染管理に注意しながら安全に行う必要がある。
A case of SARS-CoV-2 infection in an untreated HIV patient in Tokyo, Japan.(国立国際医療研究センター)
著者名 Nakamoto T, Kutsuna S, Yanagawa Y, Kanda K, Okuhama A, Akiyama Y, et al.
雑誌名 J Med Virol. 2020 Jun 3; 10.1002/jmv.26102. doi:10.1002/jmv.26102.
要点

世界中に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症であるが、HIV感染症患者が新型コロナウイルスに感染するとどうなるのか、重症化しやすいのかも含めてまだ良く分かっていない。また、HIV感染症患者が新型コロナウイルスに感染した事例もまだ世界では報告が少なく、報告の集積が待たれるところである。我々は日本で最初となるHIV感染症患者における新型コロナウイルス感染症の事例を報告した。この症例はHIV感染症に対する治療(抗レトロウイルス療法:ART)が行われていないHIV感染による免疫状態のコントロールが不十分であった。HIVウイルス量は新型コロナウイルス感染症の急性期に減少し,回復期に増加したことが観察された。これまでの報告では、未治療のHIV患者では非HIV患者と比較して重症化リスクは高くないことが示唆されているが、ART開始に伴う免疫再構築症候群が起こらないか慎重な経過観察が必要となる。

Treatment of two cases of COVID-19 with ciclesonide resulted in amelioration of pneumonia symptoms.(聖マリアンナ医科大学)
著者名 Tsuchida T, Yamasaki Y, Kunishima H, Sato K, Kanazawa M, Moriuchi A, et al.
雑誌名 Jpn J Antibiot. 2020 Jun; 73(2): 35-44.
要点 シクレソニドを使用した2症例のケースレポートである。
Pharmacokinetics of Favipiravir in Critically Ill Patients With COVID-19.(神戸市立医療センター中央市民病院)
著者名 Irie K, Nakagawa A, Fujita H, Ryo Tamura R, Eto M, Ikesue H, et al.
雑誌名 Clin Transl Sci. 2020 May 31; 10.1111/cts.12827. doi:10.1111/cts.12827.
要点 挿管、人工呼吸管理を要する重症患者ではファビピラビルの血中濃度は十分に上がらなかった。
Copyright © The Japanese Association for Infectious Diseases All Rights Reserved.
このページの先頭へ