日本感染症学会

お知らせNews

第94回日本感染症学会総会・学術講演会

「Young Investigators Awards(若手研究者賞)」の募集について

最終更新日:2019年11月12日



Institut Mérieux
2020年度
Young Investigators Awards(若手研究者賞)

 

Institut Mérieuxおよびその機関は、AMR対策、抗菌薬適正使用のサポートおよび感染症の新たな診断方法の開発に長年従事してまいりました。この度、Institut Mérieuxは、一社)日本感染症学会に所属し、AMR分野に従事する有望な若手研究者または臨床医に対し、AMR・感染症の診断に大きく影響を与える重要な功績に対して、Young Investigators awards賞を授与したいと考えております。

つきましては、2020年第94回日本感染症学会総会・学術講演会において第2回目のYoung Investigators awardsの表彰を行います。選考プロセスは、一社)日本感染症学会より3名を選出し、最終的にInstitut Mérieuxにより1名の受賞者が決定されます。本賞の賞金10,000ユーロは、Institut Mérieuxと受賞者の所属機関とで合意書を締結後、所属機関に支払われ、当該機関は、受賞者による研究のために資金を適切に活用する責任を負うものとします。(*本賞の最低基準を満たす提案がなかった場合は、賞を授与しない可能性もあります。)また、いかなる状況及び時期におきましても、Institut Mérieuxは、研究手段の選択、もしくは本契約により資金が提供される研究業務の方向性には、干渉いたしません。

選定基準

  • 研究者/申請者が一社)日本感染症学会に所属していること。
  • 感染症臨床医、臨床微生物学者もしくは分子微生物学者、または臨床疫学者もしくは分子疫学者として、病院または関連機関にフルタイムで勤務していること。
  • MD/PhD取得後、感染症/臨床微生物領域において15年未満の臨床診療経験または10年未満の職務経験を有すること。
  • AMRの研究、患者管理、広くは感染症の診断およびサーベイランスにおいて、国内または国際的に著しく影響を及ぼす貢献に携わり、貢献を成し遂げた方。
  • 選考基準は、以下の分野において大きな貢献をもたらした国際的学術誌における論文、ガイドラインもしくは実施要綱実施のいずれかとする。
    • 抗菌薬適正使用管理
    • 抗菌薬適正使用管理における新たなツールまたはアプローチの開発
    • 抗菌薬適正使用における患者管理の革新的アプローチの採用
    • 院内感染率の管理または削減に改善をもたらした何らかの活動

申請方法

・以下2点の書類を電子メールで日本感染症学会事務局宛て (info@kansensho.or.jp) に提出するか、もしくは 一社)日本感染症学会事務局宛てに郵送する。

  • 以下の申請書(※申請は日本語でも可とするが、英語を推奨します。)
    申請書(英語) 申請書(日本語)
  • 申請の時点で候補者が所属する機関からの推薦状

    郵送の場合:〒113-0033 文京区本郷三丁目28-8 日内会館2階 一社)日本感染症学会

締め切り

2019年12月19日(木曜日) 学会必着

Copyright © The Japanese Association for Infectious Diseases All Rights Reserved.
このページの先頭へ