日本感染症学会

お知らせNews

第94回日本感染症学会総会・学術講演会

COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方(特別寄稿)

最終更新日:2020年3月19日

会員各位

 COVID-19感染症に対する生薬による治療(漢方治療)のまとめが中国の新型コロナウイルス診療ガイドラインに掲載されています。しかしながら、これらの処方は生薬の組み合わせから作成しなくてはならず、漢方専門の部門を持つ医療機関でなければ対応が困難です。このため、漢方医学の第一人者でいらっしゃいます小川恵子先生(金沢大学附属病院漢方医学科臨床教授)にお願いして、それらをわが国で用いられている医療用漢方製剤に置き換え、記載していただきました。
 標準治療の無いCOVID-19感染症に対する治療薬の候補として、漢方製剤は期待できる薬剤と考え、特別寄稿として公開致します。
 まだまだエビデンスが不十分な領域ではありますが、本稿が会員の皆様のCOVID-19感染症治療の一助となれば幸いに存じます。

2020年3月19日

金沢医科大学 臨床感染症学 飯沼由嗣

COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方 小川恵子(金沢大学附属病院漢方医学科)

Copyright © The Japanese Association for Infectious Diseases All Rights Reserved.
このページの先頭へ